トヨタの納車遅れが深刻化、中古車市場への流入がさらに加速?

トヨタの納車遅れが深刻化、中古車市場への流入がさらに加速?

本日、トヨタの納車遅れが深刻化している旨の報道がありました。
納車遅れの原因はいうまでもなく、メーカの製造の減産
コロナショックによるさまざまな制限や、世界的な半導体供給不足が大きく影響している。

>> 大幅減産で納車遅れが深刻 コロナ拡大や半導体不足で(Yahoo!ニュース)

ディーラー販売店などでは、納車が数カ月も遅れることから、車検時期に合わせたでの乗り換えの提案ができず、混乱をきたしている模様

報道によると、トヨタの小型車で人気のヤリスは、
・半年前までは1~2カ月後の納車 → 9月下旬時点では約5カ月待ち
また、SUVカテゴリで人気のハリアーは、
・ 半年前まで2~3カ月後の納車 → 現在は約6カ月待ち
数カ月先に車検時期をひかえたユーザへの供給が実質不可能になっています。

このことから、新車での乗り換えをあきらめたユーザが、今後も中古車市場への流入が加速化していくことが予想されます。

中古車市場の価格高騰

2021年は10月現在において、中古車市場も例年とはあきらかに違う値動きをしています。

平均価格はこちらのページで毎週更新中

例年だとGW過ぎから平均価格が下がりはじめ、年末から春先にピークに向かうような価格変動。


しかし2021年は思ったほど値下がりせず。
このままいくと、来年の春先はどこまで平均価格が値上がりするのかちょっと心配です。

まだまだ安く買える中古車はあります

とはいえ、上記のグラフはあくまで、中古車市場全体の価格推移ですので。
中古車サイトをいろいろ探せば、安くて新車に負けず劣らずの中古車もまだまだたくさんあります。
本サイトでは、中古車市場の”今”をさまざまな視点から解析して記事にするとともに、車種別に最安値をまとめたページも用意しています。

査定額に納得いかない方へ

クルマの乗り換えのために査定に出したけど、どうしても査定額に納得がいかない。。。
そんな苦い経験をしたことはありませんか。

査定額不満の原因

プレミア価値や特別仕様車という事実が査定額に反映されない
マジメにメンテナンスを行っていたのに査定額に反映されない
高年式・低走行でキズ無しなのに新車価格との差が激しい

査定額が高額にならない理由は、どうしても買取業者の買取後の経費を考慮した上で査定を出さなければならないからなのです。

中古車フリマのカババなら在庫管理などの経費が一切かからない分、買い手に車を安く提供できます。そしてその分、クルマを高く売ることができるのです。

中古車フリマ【カババ】のしくみとは?

カババはクルマが欲しい”買い手”と、クルマを売りたい”売り手=出品者”を仲介してくれるいわばクルマのフリマサイト
カババのすごいところは、出品者からは一切手数料を取らないところ。(費用は買い手が見つかり、売却した際の銀行振り込み手数料だけ)
そして買い手からもらう手数料も3万円のみ
つまり、売りたい側としては、仲介者の経費をほぼ考慮せずに値付けができるから、高額での売却が実現できます。

しかも、出品に必要な手配などはすべてカババが行ってくれるので、まったく手間がかからずにクルマを売却できてしまうのです。
売り手が行う作業は基本以下の内容のみ。

出品から売却までの流れ

①フォームから申し込み
②後日カババから連絡が来るのでクルマの撮影や調査日を決定
 (価格を決めたら、あとはサイトへの掲載などカババですべてやってくれます)
③買い手が決まったら、カババから届いた名義変更書類を記載して返送するのみ


これで、クルマの個人売買が完了してしまいます。
もし、クルマの査定額に悩んでいるのなら一度カババを試してみることをおススメします。

任意保険の相場を知ろう!【無料見積あり】

任意保険は商談の中で必ず勧められます。あらかじめ保険額の相場を知らないと、店員さんに提案された保険が適正な価格なのかがわからず、迷ってしまうのです。
では、保険費用を少しでも節約し、適正な保険会社を探すにはどうしたら良いでしょうか。

答えは、中古車の相場を調べることと同じく、各社の価格を調べて比較すれば良いのです。
しかし保険相場は、加入者の等級・年齢・車種などが複雑に絡んで変動し、更に保険各社でも力を入れている等級・年代層にも差があるので、どの保険会社が良いとは一概に言い切れないのです。

無料で一括見積取得ができる【ズバット自動車保険比較】であれば、累計470万人以上に利用されている見積サービスなので、安心して自分に合った最適な保険会社を見つけることができます。また入力完了後、すぐに数社の見積比較も表示てくれます。

僕もそうでしたが、今まで保険料の見直しを行った経験が無いユーザほど、保険料を節約できます。統計では保険料の見直しでなんと保険料が年額平均35,000円も安くなったそうです。

自動車保険はガソリン代や車検代、税金などと同じく、車の維持費として欠かせないもの

維持費を節約するためにも、【無料の一括見積】で一度保険料を比較してみましょう。

様々な観点で中古車価格をもっと調べたい

激安中古車ランキング

相場を遥かに下回る激安中古車を知りたいなら・・・

激安中古車ランキング



値崩れランキング

新車価格からの下落率が大きい中古車を知りたいなら・・・

コスパ最高?値崩れ車ランキング



値下がりを続ける中古車を知りたいなら・・・

相場下落ランキング



リセールバリューの高そうな中古車を知りたいなら・・・

リセールバリューの高そうな中古車ランキング



価格上昇中の中古車を知りたいなら

中古価格高騰ランキング



中古車ブログをもっと見たい方はこちらからどうぞ


にほんブログ村 車ブログへ

また、中古車について「こんな情報が欲しい」、「もっとここが知りたい」などの要望がありましたら下記コメント欄や問い合わせページよりご意見を頂けますと幸いです。